忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/05 あいこ]
[05/05 おやびん]
[05/05 NONAME]
[01/01 ぱいんかれー]
[12/28 ぱいんかれー]
最新記事
(08/11)
(06/21)
(06/15)
(06/11)
(06/06)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ユキミチ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
アニメやら漫画やらニコニコやらに傾倒する日々を送る管理人のブログです。
基本的におバカなことしか書きつづりませんので、息抜きにでも見ていただければ幸いです。

更新不定期です。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


成田良悟原作・『デュラララ!!』のイラストレイターさんが大好きでして。
その人が漫画を書いたと聞いたら買うしかないじゃないですか。
この人のキャラデザとか絵柄とか好きなんですよね。
サラッとしてて。
というか『デュラララ!!』のキャラデザは素晴らしいと思うんですよ。
臨也とか、静雄とか、というか全員が。

夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)の内容自体は単純に言えば
妖怪と人間が共存している町の町長とその取り巻き達のドタバタアクションというか。
そこそこ面白い感じです。
ぶっちゃけ絵が見たくて買ったような感じなので…
でも続きは気になるのでまた買いに行くんだろうな…
PR
ザ☆ダークファンタジー!

帯によくダークファンタジーって書かれてますけど、いまいちしっくりこないのは
管理人だけでしょうか。
軍隊大好き人間としては軍部の闇とか
暗躍するあれこれとか
それぞれが各地で合流したりとか
作戦が一つずつ決まってくのとか
ツボは要素が多過ぎる作品。

それまで敵だった人達が味方になったり、
同じ陣営で動いてたりするとたまらなく嬉しくなるんですよね。
スカーとか。
っていうかなんで声優置鮎さんじゃなくなったのさ…!
三宅さんも好きだけど…!
って前に書いた気がする。

あのギャグセンスや伏線やキャラのデッサンとかすべてが素敵過ぎる作品だと思います。
アニメも最初はうーん、っていう感じだったんですけど
やっぱり佳境に入ってくると見たくなる。
だから大佐の声が大川さんじゃなくなったのが残念で残念で…
ってこれも前に書いた気がするぞ。

作者が女性だったって結構最近まで知りませんでした。

ここ最近一番のマイブーム作品。

相変わらず血まみれ上等な作品ですが。
別にバイオレンスが好きなわけじゃなく、強いキャラが好きなだけなんだ。

多過ぎる犯罪に対抗するために、死刑囚をその場で処刑できる権限を持つ組織がありまして。
そこの総隊長が一応主役になるんでしょうか。
要するに処刑人三人ひと組グループのお話ですよ。
(ざっくりしすぎな説明)

実は自分眼鏡萌えだったということに気付かされた気がする作品。
常に掛けてちゃダメなんだ。
たまに掛けてるのがいいんだ。
(なんのこっちゃ)

絵柄が独特すぎる作品のひとつ。
たまに誰が誰か分からなくなるのが困りどころですが、その辺は
愛の力で乗り越えていきます。

前作『swich』は13巻まで買ったにもかかわらず7巻ぐらいまで読んで放置中。

2010年第一弾!
『デッドマン・ワンダーランド』!

日曜朝ちびっこが見る時間帯にあるまじき血の量を書ききったアニメ
『交響詩編エウレカセブン』の原作者の書いているこの漫画ですが、

なんとアニメ化するそうですね。

知った時はしばし呆然としてしまいました。
「(これを…アニメ化するだと!?間違いなく深夜行き…!)」
的なことを。
なんでかというと、まぁ一言でいうならばグロい。
というか人権をティッシュにくるんでゴミ箱に捨てた感じといいますか。

無実の罪で終身刑を言い渡された主人公・五十嵐ガンタと謎の囚人(?)少女のお話。
主人公の向かった刑務所が”デッドマン・ワンダーランド”でして、
まぁ…囚人を賭けの対象にしたりと…この辺人権バイバイな感じなんですけどね…

いや、内容は面白いんです。
だから紹介しているわけなんですけど。
面白いんだけど、これ…アニメ化…?

この世界にはとある特殊能力を備えた人達がいまして、
自分の血を操ることが出来るという常に輸血がほしい感じの能力なんですね。
血を弾丸みたいに打ちだしたり、鞭にしたり、固めたり…
それを操ってるのが囚人だからもう殺し方がエグイ。


楽しみなような、怖いような祝・アニメ化漫画でした。
ホラー要素満点なのになぜかしょっちゅう涙腺を刺激してくる漫画。

魔法律という対霊用の法律を駆使する天才執行人・六氷透とその助手・草野次郎が主役。
この漫画、登場人物のあだ名の付け方が素敵過ぎる。
六氷(むひょう)→ムヒョ
次郎→ロージー
ダジャレじゃん!
って言っちゃいけない。
我孫子はビコで、円 宙継はエンチューなんだ。

どのキャラも憎めない、悪いことしててもその動機が純粋すぎる、
そして泣くという…


そんな感動的な漫画ですが、
なんで打ち切られた!?
ジャンプこの野郎!!
萌え(燃え)要素が足りなさすぎたのか!?
絵が不思議過ぎたのか!?
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3]

Copyright c 青い月・別館。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]